116 ガードが固い

EPSN066271.jpg

「ローライズ」と言うのがどうしても出来ない。
最近は女性でなくともかなりのローっぷりである。
それが昭和カルチャーを満喫したボクにはどうしても出来ない。
「ハイウエスト」になってしまう。
どんな機会だったのか女性用下着を着用した時と同じ不安感がある。
どーにも落ち着かない。
しっかり腰までたくし上げ、変身しそうなぐらいにギュッとベルトを締めたくなってしまう。
それでも若者ぶる為にベルトを緩めて出かけるのだが、
家に帰ってきた時には、しっかりとハイウエストのハンプティダンプティだ。

しかし、あんなにズボンやパンツをずり落としてたら
貞操観念までズルズルになってしまうんじゃないかと心配になる。
きっと、親父狩りにあう歳になってしまったのだろう、、、
危ない集団の前では、ものすごい姿勢を良くして目を合わせずに
歩兵隊の様に通りすぎたりする、ガードの固い人間なのです。



コメント





保存しますか?